病気と口臭の関係

病気と口臭の関係

口臭は口の中だけに原因があるわけではありません。胃腸や肝臓など内臓の病気や、気管支や肺など呼吸器系器官の病気が口臭の原因になっている場合もあります。病気による口臭の場合は、病気を治すことが先決となります。

胃腸病

胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍 などの胃の病気があると消化不良を起こしやすくなり、腸で生成されたにおい物質が腸管から血液に入り込み、肺からの息にその臭いが排出され、口臭となるのです。胃腸の病気のときの口臭は、腐った卵のようなにおいがするといわれています。

 

胃が悪いと口臭がすると思っている人が多いですが、それは誤解です。食道と胃の間は噴門があり、飲食物が通るときを除いて括約筋で閉じられているため、胃から直接臭いにおいが出るケースはほとんどありません。げっぷをするときだけ、胃の中の空気が口から出ます。
ただし、逆流性食道炎や胃炎を起こしている場合は、胃酸が逆流することですっぱいにおいがすることがあります。

 

肝臓の病気

肝臓が正常に機能しているときは、においの元となる物質は分解されるため、口臭を発することは ありません。しかし、慢性肝炎などで肝臓のはたらきが弱まると、においの元となる物質は分解されず、 そのまま血液に入り込んで全身をめぐり、口臭や体臭となって出てきます。肝臓の病気のときの口臭は、ネズミ臭やカビ臭がするといわれています。

 

糖尿病

糖尿病にかかっていると、唾液が不足し、口の中が渇き、口臭の原因になります。

 

唾液には、口の中をきれいにする自浄作用や抗菌作用など、いろいろな細菌から守る役割がありますが、唾液が不足すると、歯周病の原因となる細菌が増え、口臭が強くなります。糖尿病になると、このような背景から歯周病になるリスクが高まります。

 

糖尿病になると、インシュリン(インスリンともいいます)が不足したりうまく作用しなくなり、 ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなってしまいます。その結果、全身のエネルギーが足らなくなって しまうため、脂肪を燃焼してエネルギーを作り出そうとします。

 

そのとき、ケトン体という物質が生成され、その物質が血流に乗って全身をめぐり、糖尿病独特の甘酸っぱいにおい(アセトン臭)が口臭となって出てくるのです。

 

その他の病気

気管支炎や肺炎などの呼吸器系の病気、蓄膿症、鼻炎、扁桃腺炎など鼻やのどに病気がある場合、 炎症部分の皮膚のただれや化膿が、口臭の原因になることがあります。

 

唾液腺や涙腺が萎縮し、粘液が乾燥してしまう膠原病シェグレン症候群では、唾液がほとんど 出なくなってしまいます。その結果、口臭が強くなります。唾石症や唾液腺炎では、唾液腺に結石ができたり、炎症が起きたりします。

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

病気と口臭の関係関連ページ

舌苔と口臭の関係
舌苔は口臭をの大きな原因になっています。舌苔の70%は細菌からできており、口臭の原因物質であるVSC(揮発性硫黄化合物)を多く含んでいます。
歯周病と口臭の関係
歯周病は、口の病気の中で口臭の一番の原因となっています。日本人の成人の約8割が歯周病にかかっているといわれています。 歯周病の原因として生活習慣が大きくかかわっています。
虫歯と口臭の関係
虫歯は口臭の原因になります。1〜2本の小さな虫歯であれば、それほど口臭はしませんが、重度の虫歯や多数の虫歯があると、口臭が強くなります。
ドライマウスと口臭の関係
唾液が減り、口の中が渇く症状を「ドライマウス」といいます。ドライマウスになると、口の中で細菌が増殖し、口臭の原因になります。
胃や腸と口臭との関係
胃が悪いと口臭がすると思っている人が多いと思いますが、胃から直接口へにおいが排出されることは ほとんどありません。口臭の原因物質が血液に入り、肺からの呼気が口臭となります。
歯並びと口臭の関係
歯並びが悪いと食べ物がよく歯につまり口臭を引き起こしやすくなります。噛んだときに不自然な力が歯に加わるために歯周病を引き起こし、口臭の原因になることがあります。
タバコと口臭の関係
タバコによって起こる口臭はニコチンが主な原因にです。タバコに含まれるニコチンが唾液の分泌を低下させ、口の中で細菌が繁殖し、口臭を引き起こします。
歯並びと口臭の関係
歯並びが悪いと、歯と歯の間に食べ物が詰まり、歯垢が付きやすくなるために、歯肉炎症を引き起こしやすくなります。その結果、口臭が発生してしまうのです。

人気順口臭対策グッズ