病気による口臭

病気による口臭

口臭の発生に関係している病気には、歯や口の病気、鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病や腎不全などがあります。その中で口臭と最も関係が強いのは、歯や口の病気で、病気による口臭の中で全体の90%以上を占めています。特に、歯周病舌苔唾液分泌の減少は、口臭の発生に大きな影響を与えています。

 

口臭を引き起こす複数の要因

病気による口臭の場合、原因が複合的に関与している場合が多いです。高血圧症の場合、血圧を下げる薬の副作用の影響で、唾液の分泌量が減ることでドライマウスを引き起こすこともあります。 また、糖尿病にかかっていると歯周病が重症化しやすいため、糖尿病特有のアセトン臭に加え、歯周病によって発生した揮発性硫黄化合物(VSC)が混ざったにおいを発生させます。病気による口臭は、本人には自覚症状がなくても、他人からは強いにおいを感じることが多いのが特徴です。

糖尿病 糖尿病
肝疾患 アミン臭
腎疾患 アンモニア臭
白血病 硫化メチル臭
大腸がん インドール臭

 

口臭を発生させる口の病気

病気による口臭の中で、口の中の病気が口臭の最も大きな原因です。口臭と関連のある口に中の主な病気として、歯周病、重度の虫歯や多数の虫歯、口内炎、口腔がんがあげられます。

 

その病気の中で口臭と最も関係が深いのは歯周病です。歯周病になると、歯ぐき組織の破壊などが 起こります。こうして破壊された組織、血球成分、細菌の死骸のたんぱく質によって口臭を発生する物質が作り出されるのです。歯周病がひどくなればなるほど口臭も強くなります

 

虫歯も口臭の原因になります。1〜2本の小さな虫歯であれば、それほど口臭はしませんが、重度の虫歯や多数の虫歯があると、口臭が強くなることがあります。虫歯が進行すると、歯髄(一般的には"神経"とよばれている)が炎症し、腐敗化することでにおいがするようになります。さらに、腐敗した歯髄が入っている 「根管」という歯の根の空洞部分にも腐敗が進行すると、たとえ1本の虫歯であっても口臭(腐肉臭)が強くなることがあります。

 

ひどい口内炎や、影響はそれほど大きくありませんが口腔がんも口臭の原因になります。また、病気で服用している薬の副作用や唾液腺の病気によって唾液の分泌量が少なくなったり、唾液が粘ついたりすることがあります。唾液による自浄作用が低下してしまうために、歯垢や舌苔が付着し、細菌が増殖することで口臭が強くなります

 

病気ではありませんが、「くさい玉」と呼ばれる膿栓が口臭の原因になっていることもあります。 膿栓は、のどの奥にある口蓋扁桃(扁桃腺)のくぼみにできる乳白色の塊のことで、細菌の死骸、 食べかす、粘膜の老廃物などがたまってできます。くしゃみや咳払いをしたときに直径3mm〜5mmほどの塊が出てきた経験があるかと思います。指先でつぶすとくさいにおいを発します。

 

扁桃は細菌を殺してくれる大切な部分なので、自分で除去しようとすると傷つけてしまう可能性が あります。耳鼻咽頭科での診察をおすすめします。

 

体の病気による口臭

病気による口臭には、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性肝炎などの内臓の病気、気管支炎 気管支拡張症、肺炎、肺がんなどの呼吸器系の病気、副鼻腔炎(蓄膿症)、慢性鼻炎、慢性扁桃炎などの鼻やのどの病気、糖尿病や尿毒症などの代謝系の病気によるものがあります。

 

病気による口臭の場合、病気を治せば口臭がなくなることが多いです。

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

病気による口臭関連ページ

生理的な口臭
生理的な口臭とは、起床時、空腹時、緊張したとき、疲れたときなど、普段生活している中で誰にでもでも認められる一時的な口臭のことです。
飲食物や嗜好品による口臭
においの強い飲食物の摂取や、喫煙の習慣などにより発生する口臭です。生理的な口臭と同様に 一時的な口臭であるといえます。ニンニク、ニラ、ネギ、タバコ、お酒は口臭の原因になります。
心因性の口臭
口臭がないのに、自分には口臭がすると思い込むことを自臭症といいます。几帳面な人、潔癖主義な人がなりやすいです。

人気順口臭対策グッズ