飲食物や嗜好品による口臭

飲食物や嗜好品による口臭

においの強い飲食物の摂取や、喫煙の習慣などにより発生する口臭です。生理的な口臭と同様に 一時的な口臭であるといえます。

 

 

食べ物と口臭との関係

においの強い食べ物を食べると口臭がすることがあります。ニンニク、ニラ、ネギなどの薫菜(くんさい)、納豆、干し物などの食品は、口ににおいが 残りやすく誰でも口臭がすることがあります。そばやうどんなどに入っている薬味のネギがほんの少し口の中に残っているだけで口臭が強くなることさえあります。また、栄養ドリンクにも、ニンニクエキスなどが配合されているものがあり、日常的に摂取していると吐く息からニンニクのにおいがすることがあります

 

口臭を消すために、焼肉やニンニクを使った料理を食べた後に、ガムを食べたり、アメをなめたりすることがあると思います。 しかし、時間がたてば自然ににおいは消えるので、口臭がするからといって気にすることはありません。

 

翌日になってもニンニクのにおいが残るときがあります。これはアリルメチルサルファイド という成分が、腸から吸収され、血液を介して全身を循環し、肺からの吐く息に混じって出されたり、 汗や尿に混じって排出されるからです。

 

これを防ぐための有効な手段は、ポリフェノールが含まれている緑茶やハーブティーを摂取することです。ポリフェノールには、においの成分を腸から吸収しにくくするはたらきがあります。

 

タバコと口臭との関係

喫煙によって起こる口臭はニコチンが大きな原因になっています。タバコに含まれるニコチンは唾液の分泌を低下させるからです。タバコを吸うとニコチンが肺に入り、肺で吸収され、 血液を通して全身をめぐります。

 

ニコチンは血管を収縮させ、血圧を上昇させ、交感神経の興奮も引き起こします。交感神経が優位になると体は緊張状態に陥るため、唾液の分泌量が減ってしまうのです。

 

また、喫煙は歯周病とも深い関係があります。歯周病を持った人がタバコを吸っていると、歯周病を治りにくくさせると同時に悪化させ、口臭もさらに強くなってしまいます。

 

飲酒と口臭との関係

お酒を飲むと、唾液の分泌量が減り、口臭を引き起こすことがあります。

 

お酒に含まれているアルコールは、肝臓でアセトアルデヒドに分解され、さらに アセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸へと分解されます。このアルコールの代謝過程で多量の水分を必要とするからです。

 

また、アセトアルデヒトは非常に毒性が強く、においの原因物質にもなります。体内で吸されたアセトアルデヒドは、血液によって肺にまで運ばれ呼気となって排出され、それが口臭になります

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

飲食物や嗜好品による口臭関連ページ

生理的な口臭
生理的な口臭とは、起床時、空腹時、緊張したとき、疲れたときなど、普段生活している中で誰にでもでも認められる一時的な口臭のことです。
病気による口臭
口臭は、病気が原因で発生することがあります。その中で歯や口の病気が、病気による口臭の中で全体の90%以上を占めています。糖尿病、肝疾患、口内炎、歯周病が口臭の原因になります。
心因性の口臭
口臭がないのに、自分には口臭がすると思い込むことを自臭症といいます。几帳面な人、潔癖主義な人がなりやすいです。

人気順口臭対策グッズ