よく噛んで食べて口臭を予防

よく噛んで食べて口臭を予防

ものを食べるとき、噛めば噛むほど唾液が多く分泌されます。唾液をたくさん分泌させると、唾液がもつ自浄作用や抗菌作用によって口臭を予防することができます

 

歯みがきは、歯および歯ぐきに対して行われますが、唾液の分泌は口内全体をきれいにします。ある実験によれば、歯みがきよりも、食べ物を食べて咀嚼(そしゃく)したほうが口内の清掃作用が強いことが報告されています。

 

よく噛む必要のある食品・食材を選ぶ

2000年近く前には、1回の食事で約4000回噛んでいたのに対して、現代では約600回程度しか噛んでないようです。昔と比べて、いかに柔らかい食べ物が増えてしまったのかがわかります。噛む回数を意識的に増やすことも重要ですが、噛む回数が増えるような食材を選んだり調理方法に変えたりすれば、無意識に噛む回数を増やすことができます
ごぼう、れんこん、にんじんなど食物繊維が豊富に含まれているものや、スルメ、小魚、フランスパン、 ライ麦パンなど硬いものを食べましょう。

 

玄米を食べる

玄米は噛めば噛むほど甘みが増すので、おいしくご飯が食べられる上に、唾液もたくさん分泌されます。

 

水分が少ないメニューを選ぶ

スープ、シチュー、煮物などは水分量が多いので、あまり噛まなくても飲み込めてしまいます。 焼き魚や網焼きなどは水分が少ないので、自然と噛む回数が多くなり、唾液が多く分泌されます。

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

よく噛んで食べて口臭を予防関連ページ

舌苔を除去する
舌苔はその70%が細菌からできており、口臭の原因になります。舌苔を除去するだけで、口臭をよぼすることができます。
食べ物を噛む
何か食べ物を噛むことで唾液が分泌され口臭の予防・対策になります。唾液の自浄作用によって、細菌の数が大幅に減少し、口の中がきれいになります。
歯石を除去する
歯石自体は口臭を発生させませんが、歯石の表面はざらざらしているため、歯垢がつきやすくなり、その結果として口臭の原因になるのです。
お茶を飲む
簡単にできる口臭対策としては、お茶を飲むことです。お茶に含まれる成分によって、口臭を防ぐことができます。なたまめ茶、緑茶は口臭予防に効果があります。
フロスや歯間ブラシで歯垢を除去する
デンタルフロスや歯間ブラシを使いて歯間などに付着した歯垢をきれいに除去することで口臭を予防できます。歯垢も口臭の原因になります。
洗口剤(マウスウォッシュ)を使う
洗口剤だけで歯垢を取り除くことはできませんが、歯磨きの仕上げとして併用すると、口臭対策・予防方法として高い効果が期待できます。
唾液マッサージをする
唾液マッサージで唾液腺を意図的に刺激することで、唾液の分泌を促し、唾液の自浄作用や抗菌作用を利用して口臭を防ぐことができます。
生活習慣を改善する
睡眠を十分に取る、水分をこまめに取る、規則正しい生活をする、人とよく話す、胃に負担をかけない、ストレスをためないなど生活習慣を変えることで口臭の予防や対策を行えます。

人気順口臭対策グッズ