フロスや歯間ブラシで口臭を予防

フロスや歯間ブラシで口臭を予防する

歯ブラシを使った歯磨きのほかに、デンタルフロス(または歯間ブラシ)を併用することで、歯垢をきれいに除去することができ、口臭の予防・対策になります。

 

フロスや歯間ブラシで約90%の歯垢を除去

歯垢は口臭の原因の1つです。歯垢は細菌の塊で、歯垢1ミリグラムに約10億個もの細菌がいるといわれています。
その細菌が、新陳代謝ではがれ落ちた、 歯ぐき、ほお、舌などの粘膜上皮、死んだ細胞のたんぱく質を分解して、口臭の原因物質であるVSC(揮発性硫黄化合物)を作り出すのです。

 

歯間の歯垢は、歯ブラシでは50%前後しか除去できませんが、デンタルフロスや歯間ブラシを併用すると、90%前後まで歯垢を除去できることがわかっています。

デンタルフロスと歯間ブラシの選び方

デンタルフロス

歯と歯の間がしっかりと歯ぐきで埋められている場合に使用します。慣れるまでは柄付きがよいでしょう。慣れてきたら、柄の付いていない糸だけのロールタイプのものを使用することをおすすめします。ロールタイプのほうが経済的だからです。
ノンワックスタイプとワックスタイプがありますが、ワックスタイプのほうが歯と歯の間にスムーズに入ります。

 

歯間ブラシ

歯と歯の間に隙間がある場合や、歯と歯の間の歯ぐきが下がってしまって隙間ができてしまっている場合に使用します。歯間ブラシにはさまざまなサイズのものがあります。歯ぐきの状態、歯と歯の間の隙間に合わせて、自分の歯の状態にあったものを選びましょう。基本的には、歯と歯の間に無理なく挿入でき、窮屈な感じがしないものを選ぶのがよいでしょう。

 

デンタルフロスの使い方

  1. フロスを約30〜40センチの長さに切り、両端を右手と左手の中指の第一関節に5〜6回ずつ ゆるく巻きつけます。
  2.  

  3. それぞれの手の親指と人差し指でフロスをつかみます。

    このとき両手の親指と親指との間を2〜3センチ空けます。

  4.  

  5. そのままフロスを歯と歯の間に通します。
  6.  

  7. 歯と歯の間を、一面ずつフロスをかき上げるようにして、歯垢を取ります。

    4〜5回繰り返します。歯と歯ぐきとの境目にも行います。そのとき 歯ぐきを痛めないように注意しましょう。

 

歯間ブラシの使い方

  1. ブラシ部分を歯と歯の間に入れます。
  2.  

  3. 両方の歯の面をこするようにして4〜5回往復させます。

    歯の表側だけではなく、裏側も行うと歯と歯の汚れを非常にきれいに取り除くことができます。

 

おすすめのデンタルフロスと歯間ブラシ

おすすめのデンタルフロスと歯間ブラシを紹介します。その他のおすすめの商品については、「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」でも紹介していますので、あわせてご覧ください。

 

ウルトラクリーンフロス

この商品のフロスには、独自の凸凹極薄素材が使われており、特に歯間のせまい方におすすめです。素材が伸びる上に切れにくいので、ユーザーには大変好評です。

商品 内容量 価格 商品の最新情報
40m 628円
436円
リーチ ウルトラクリーンフロス やわらかスライド

 

GUM イージースルーフロッサー

フロスを手に巻きつける面倒な作業が不要で、初心者でも簡単に扱えるデンタルフロスです。細く切れにくい素材が使われており、歯間が狭い方におすすめです。

商品 内容量 価格 商品の最新情報
12m 491円 GUM イージースルーフロッサー 12M

 

クリニカ スポンジフロス

唾液や水分に触れると、フロスが膨らみ、歯ぐきに対して優しく、効果的に歯垢を除去します。虫歯の発生や進行を防ぐほか、歯垢の量と付着性を減少させるはたらきがあるキシリトールが配合されています。

商品 内容量 価格 商品の最新情報
40m 344円 クリニカ スポンジフロス (青・緑・オレンジ・クリアのうち1色。色はおまかせ)

 

GUM歯間ブラシL字型(10個入 Mサイズ)

L字形ロングハンドルが持ちやすく奥歯の歯間に使いやすい歯間ブラシです。歯間部分の歯垢をきれいに落とせるので歯周病や口臭予防になります。ワイヤーの素材がしっかりしているので、耐久性に優れていることが好評です。各種サイズがあるので、歯間の幅によって使い分けができます。商品のパッケージが密閉・防水構造になっており、コンパクトで携帯性に優れているのも好評です。ブラシ部には保護用のキャップが付いているので衛生面でも安心です。

商品 内容量 価格 商品の最新情報
10個 525円
442円
GUM歯間ブラシL字型10P M

 

Lapis ワンタフトブラシ

歯科医院と共に考案された歯間ブラシで、磨きにくい歯と歯の隙間や歯周ポケットも磨くことができ、ユーザーから高く評価されています。わずかな隙間にも届くので、矯正をされている方にもおすすめします。耐久性にも優れています。お子様の細部の仕上げ磨き用としてもご使用できます。

商品 内容量 価格 商品の最新情報
6本セット 1,125円
900円
歯科用 LA-001 【Lapis ワンタフトブラシ】 ふつう アソート (6本セット) 歯科医院様と共に考えたワンタフトです。◆ グッドデザイン賞受賞商...

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

フロスや歯間ブラシで口臭を予防関連ページ

舌苔を除去する
舌苔はその70%が細菌からできており、口臭の原因になります。舌苔を除去するだけで、口臭をよぼすることができます。
食べ物を噛む
何か食べ物を噛むことで唾液が分泌され口臭の予防・対策になります。唾液の自浄作用によって、細菌の数が大幅に減少し、口の中がきれいになります。
歯石を除去する
歯石自体は口臭を発生させませんが、歯石の表面はざらざらしているため、歯垢がつきやすくなり、その結果として口臭の原因になるのです。
お茶を飲む
簡単にできる口臭対策としては、お茶を飲むことです。お茶に含まれる成分によって、口臭を防ぐことができます。なたまめ茶、緑茶は口臭予防に効果があります。
洗口剤(マウスウォッシュ)を使う
洗口剤だけで歯垢を取り除くことはできませんが、歯磨きの仕上げとして併用すると、口臭対策・予防方法として高い効果が期待できます。
唾液マッサージをする
唾液マッサージで唾液腺を意図的に刺激することで、唾液の分泌を促し、唾液の自浄作用や抗菌作用を利用して口臭を防ぐことができます。
よく噛んで食べる
噛めば噛むほど唾液が多く分泌されます。唾液をたくさん分泌させると、唾液がもつ自浄作用や抗菌作用によって、口臭、歯周病、虫歯を予防することができます。
生活習慣を改善する
睡眠を十分に取る、水分をこまめに取る、規則正しい生活をする、人とよく話す、胃に負担をかけない、ストレスをためないなど生活習慣を変えることで口臭の予防や対策を行えます。

人気順口臭対策グッズ