舌苔を除去して口臭を予防

舌苔を除去して口臭を予防する

舌苔は付着量に比例して口臭が強くなります。それは舌苔には口臭を発生する原因物質が含まれているからです。舌苔を除去することが口臭の予防・対策につながります。

舌磨きは必ず舌クリーナーを使う

舌磨きするときは、必ず舌クリーナー(舌ブラシまたは舌ベラ)を使うようにします。

歯ブラシで舌磨きするのは絶対にやめましょう。歯ブラシを使って舌磨きをすると、舌を傷つけてしまう可能性があるからです。舌には味覚を感じる組織である味蕾(みらい)という組織を傷つけてしまう可能性があります。

ある調査によれば、歯クリーナーを使って、舌の表面を数回こすると、唾液に血液成分であるヘモグロビンが検出されています。味覚異常も引き起こす可能性もあります。

舌磨きは朝一日一回行う

舌磨きは、朝起きたときに行うのがよいでしょう。朝は、1日の中で口臭が一番強く、舌に舌苔が多く付着しています。朝食前に舌苔を除去すると、味覚が敏感になるため、食事をおいしく味わうことができます。

舌磨きの回数は起床時の1回だけで十分です。1日に何回も舌掃除をしてしまうと、味蕾(みらい)を傷つけてしまい、味覚の低下や異常を引き起こす可能性があります。味がわからなくなれば、楽しく食事ができなくなってしまうほかに、自分でも気づかないうちに濃い味付けをするようになり、健康を損なってしまう可能性もあります。

舌磨きの方法

舌クリーナーを使った舌磨きの方法を説明します。

  1. 舌クリーナーを用意します。
    このとき舌ブラシを水にぬらすだけです。歯みがき剤をつける必要はありません。

  2. できる限り舌を前に出し、少し下を向きます。
    舌をできる限り前に出すのは、舌クリーナーを舌の奥まで入れることによって引き起こされる嘔吐反射を防ぐためです。

  3. 舌クリーナーを奥から手前に、または内側から外側に動かします。
    舌磨きの方向
    • 舌を磨くときは、舌への圧力が100g以内の力で行います。
    • 舌クリーナーを手前から奥へ動かしてしまうと、舌苔に含まれる細菌をのどのほうへ押しやってしまいます。

舌磨きを効率よく行える商品

舌磨きをするときは、舌への圧力が100g以内の力で行うのが適切ですが、一般の人にとっては力加減が難しいと思います。そこで、舌磨きをする前に舌苔を浮かせることで、より弱い力で舌磨きができ、舌を傷付けずに済ませることができます。

以下に挙げるような商品を使うことで舌苔の除去を効率的に行うことができます。

セラブレス トゥースジェル
「セラブレス トゥースジェル」は、舌磨きだけではなく歯磨き剤としても使用できるトゥースジェルです。口内をまんべんなくブラッシングすることで口内を清潔に保ち、口臭を防ぎます。
商品 内容量 価格 商品についての詳細
113g 1,890円 セラブレス セラブレストゥースジェル

潤いベロのクリーナー
舌磨きしやすいように、舌表面の汚れを浮かせるたまに、舌を傷つけずにきれいにできます。舌にやさしい専用チタンクリーナが付属します。

商品 内容量 価格 商品についての詳細
潤いベロのクリーナー 30g 3,990円 口臭の原因、舌苔をかきだす「潤いベロのクリーナー」

タンジェル
「タンジェル」は口臭を予防し、口中を清潔にするジェルです。専用の舌クリーナーを使用して舌磨きすると効果的に舌苔を除去できます。
商品 内容量 価格 商品についての詳細
100g 1,041円 タンジェル

参考
ドクターウィダー・タンジェルのレビューを読む

タン クリーニングジェル
「タン クリーニングジェル」は天然成分(チャ乾留液・セージエキス)が配合さており、舌苔を効果的に除去する舌磨き用ジェルです。
商品 内容量 価格 商品についての詳細
50g 1,200円 ルミノソ タン クリーニングジェル

舌クリーナーの選び方

舌クリーナーには、毛が植毛されている舌ブラシと、ヘラで舌の汚れをかき出す舌ベラの2種類があります。

舌ブラシは、歯間ブラシを横にした形で植毛がついています。その毛で舌の表面をこすることで舌苔を除去することができます。植毛部分は極細で非常にやわらかいため、舌を傷つけることなく舌苔を除去できます

舌ブラシを選ぶときは、柄が長く、弾力性があるものがよいでしょう。舌の奥まで届き、舌の形になじむからです。

一方、舌ベラには、素材が金属製、プラスチック製、紙製などさまざまな種類があります。舌ベラは舌に触れる部分が平らになっているため、舌の表面上の舌苔をかき出すことはできますが、舌の表面組織の溝の間をきれいにすることはできません。ヘラの形状によっては、舌の表面を傷つけてしまうおそれがあるので注意が必要です。

参考
舌クリーナー

共有のお願い

このサイトは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、以下のボタンから共有(シェア)をお願いします。
運営者のモチベーション維持にもつながります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

舌苔を除去して口臭を予防関連ページ

食べ物を噛む
何か食べ物を噛むことで唾液が分泌され口臭の予防・対策になります。唾液の自浄作用によって、細菌の数が大幅に減少し、口の中がきれいになります。
歯石を除去する
歯石自体は口臭を発生させませんが、歯石の表面はざらざらしているため、歯垢がつきやすくなり、その結果として口臭の原因になるのです。
お茶を飲む
簡単にできる口臭対策としては、お茶を飲むことです。お茶に含まれる成分によって、口臭を防ぐことができます。なたまめ茶、緑茶は口臭予防に効果があります。
フロスや歯間ブラシで歯垢を除去する
デンタルフロスや歯間ブラシを使いて歯間などに付着した歯垢をきれいに除去することで口臭を予防できます。歯垢も口臭の原因になります。
洗口剤(マウスウォッシュ)を使う
洗口剤だけで歯垢を取り除くことはできませんが、歯磨きの仕上げとして併用すると、口臭対策・予防方法として高い効果が期待できます。
唾液マッサージをする
唾液マッサージで唾液腺を意図的に刺激することで、唾液の分泌を促し、唾液の自浄作用や抗菌作用を利用して口臭を防ぐことができます。
よく噛んで食べる
噛めば噛むほど唾液が多く分泌されます。唾液をたくさん分泌させると、唾液がもつ自浄作用や抗菌作用によって、口臭、歯周病、虫歯を予防することができます。
生活習慣を改善する
睡眠を十分に取る、水分をこまめに取る、規則正しい生活をする、人とよく話す、胃に負担をかけない、ストレスをためないなど生活習慣を変えることで口臭の予防や対策を行えます。

人気順口臭対策グッズ